teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


英月師の講演

 投稿者:住職  投稿日:2019年 2月 3日(日)11時05分46秒
  昨日高田本山で真宗教団連合三重支部中勢ブロック研修会に仏光寺派女性住職英月師の講演があった。
100名程の聴衆が有り盛況に終わった。
私は昨年久居の妙華寺でお話を聞いたがよかったので家内と一緒に聞きに行った。
内容的にはあまり変わったことも無いが初めての人には良く解かる話である。
高田派にもこんな人が出てくればとつい思ってしまうのは年のせいか?
 
 

今月の言葉

 投稿者:住職  投稿日:2019年 2月 1日(金)13時52分17秒
  きくというは 信心をあらわす 御のりなり
   法語カレンダーより
正月も終わって節分が近づく。春はそこまで来ている。
おもったより暖冬だった。雪も一度しか降らず、タイヤチェーンの出番も無かった。
三月に降る雪も怖いが何とか終わっていきそうだ。

今月は女人講の総会がある。役員改選は無いが昨年の総会でこんにゃくを炊いて出したら好評だった。
今年は何を作ろうかと思案中である。
昔父が手伝いにいったお寺の大根炊きが印象に残っているが、再現は難しい。
作るのに最低3日はかかる。

京都の大根炊きも食べたが少し時間が遅かったのでゴジゴジの大根だった。
やっぱりふわっと味のよく浸みた大根でなくっちゃ。
 

本山御堂の吊り灯篭

 投稿者:住職  投稿日:2019年 1月22日(火)20時59分49秒
  本山御影堂の大間に大きな吊り灯篭が2基ぶら下がっている。明治晩年頃に作られた物である。
以前から気になっていたのが寄進者の法名である。

高田派の法名は四字法名で釈尊の釈が付き下に四字で信士、信女の送り名がついている。
処が二字法名が刻まれているのがあって、昔は二字法名もあったのだと勝手に思い込んでいた。

お七夜さんが済んでから堯熈上人行実を読んでいてふと思った。
二字法名の施主は高田派以外の方だと。

堯熈上人は近衛家出身で有栖川家に入られ高田本山の御法主になられた方で歌や書、お茶にも造詣が深く、津市内の文化人とも交流があってそれらの方々が御寄進下されたことが解かった。

現在では他派との交流は少なく高田派の本山だときばっているが当時は違っていたことに気が付いた。
藤堂家は浄土宗だし曹洞宗のお寺もある。それらのセクトを超え自由な交流出来た堯熈上人をみならわなければ将来の高田本山は危ない。
 

お七夜さん

 投稿者:住職  投稿日:2019年 1月15日(火)09時29分45秒
  例年のごとく宝物館とお茶を飲んできた。
宝物館の展示は新しい宝物館が出来るまでお休みになると言うことで
今まで出したことの無い、親鸞聖人の歯骨が展示されていた。
名古屋で一度、その他で一度、今回閉館記念で展示された。

但し私は一度拝見しているので二回目だった。
意外と沢山の方々だ宝物館に足を運ばれているのを見ると、少しは世の中が変わったのかと思う。

お茶も子供連れの親子も多く盛況で一日分のお菓子が無くなって違うお菓子がでていた。
こちらも毎年多くなって並ばなくてはお茶も飲めなくなっていた。
 

年賀状

 投稿者:住職  投稿日:2019年 1月11日(金)12時52分6秒
  今年も多数の年賀状を頂きありがとうございました。
昨年末に例年だと10通近く届く喪中欠礼の葉書が非常に少なかった。
こんなこともあるのかと驚かされた。

家内に届く年賀状は達筆な人が多く、私に来る年賀状は個性の少ない賀状が多い。
それでも版画や絵の賀状も届いた。孫がきれいな絵をみて喜んでくれた。
やっぱりパソコンで簡単に作って差し出していたのでは気持ちも届かないのかと反省する。

いまさら書道を習っても遅いし、心のこもった年賀状も作れない。
頂いた皆さまに頭を下げるしかない心境である。
 

今月の言葉

 投稿者:住職  投稿日:2019年 1月 1日(火)11時10分28秒
  如来誓願の薬は よく智愚(ちぐ)の毒を 滅するなり
   法語カレンダーより
昨夜から暖かい気候で静かな元旦を迎えた。
昨夜の修正会は参詣者も出来て久しぶりの法事であった。
毎年幡御書を拝読しているが、組内の御住職に聞いても多くはない。
年々拝読出来る住職は減っていくだろう。
本山の総長にも代読の辞令がでていた。
一年に一度の御書だから大事にしたいと思うのは年をとったからか?
 

来年の言葉

 投稿者:住職  投稿日:2018年12月31日(月)14時20分43秒
  煩悩を断ぜずして 涅槃を得(う)るなり
   法語カレンダーより
今日で平成30年は終わる。5月から新しい年号が施行される。
どんな名前になるのだろう。
今年は災害的暑さに見舞われたり、台風、地震など天変地異にも驚かされた1年であった。
来年はもう少し静かな年になることを願っているが、どうかな~?

消費税の値上げや憲法改正の話がうごめいている。
日本国を二分する騒動になるかもしれない。
 

寒波襲来

 投稿者:住職  投稿日:2018年12月26日(水)23時30分43秒
  週末にかけて寒波が襲来し大雪が降りそうだが昔と比べて何が違うのだろうか?
昭和45年から3年ほど札幌に住んでいたが毎朝雪かきをしないと道に出られなかった。
48年に今の地に来たが一身田に通う途中二度も三度もチエーンを巻かねばならない日もあった。
地球温暖化で雪も降らず凍結もない日々になれてしまったのか?

すこし天候に大げさになっている気もする。
それだけ気象変化についていけない人が増えたのか?
 

今夜は組内会議

 投稿者:住職  投稿日:2018年12月20日(木)11時37分43秒
  会議と言っても特別決定事項も無いし、報告事項もなさそうだ。
一年に一度全員が顔を合わせ親睦をはかるぐらいである。でもこの機会がなければ顔を見ることも
話を聞くこともない。それだけ希薄になっていることか?
今年は少し様替りがあるらしい。長老が体調不安のため宿泊しないとか、次の長老は若さんが
出席するとか・・・。
あきらかに時代の変化が見えてきている。
何時までも若いつもりでいると、気が付けば中堅になり長老の仲間になってなっていく。
心引き締め言動にも気をつけなければ。
 

今月の言葉

 投稿者:住職  投稿日:2018年12月 1日(土)12時54分17秒
  自然(じねん)というは もとより しからしむるという 言葉なり
    法語カレンダーより
今年も最後の1枚となったカレンダー。報恩講も終わりに近づいた。
明日はおみがきと清掃をしてもらう。来週の9日が我が家の報恩講だ。

来年には県会議員の選挙があって議員さんも挨拶回りに忙しい。
選挙は見ているのは面白いが本人は必死である。

本山の宗議会選挙は無投票が多いから壮絶観は無いが忘年会にはお礼の一杯でも出さねば。
 

レンタル掲示板
/87